電車やバスそして駅のコンコースにも!日常生活で身近な交通広告について解説します!

このサイトでは、都心部や郊外にある駅で目にできる交通広告の概要について見ていくことにします。
どなたでも一度は目にされているでしょうが、マーケティング効果がどれほどあるのかご存じでしょうか。
以前は新聞折り込みやTVCMが主流で多くの方に伝えられることは理解できたものです。
ここでは電車やバスなど乗り物ごとで得られる効果についても解説をしていきます。
当たり前に存在している媒体の実態に迫るので、参考にして頂ければ幸いです。

電車やバスそして駅のコンコースにも!日常生活で身近な交通広告について解説します!

交通広告の解説で忘れてはいけいこと、それは設置をしている乗り物や場所でターゲット層が異なっているという事です。
例えば駅であれば不特定多数をターゲットにしている交通広告です。
バスで学校がある路線であれば、学生や若い方に向けてサービスを提供されているものとなります。
また電車であれば路線沿いにある商業施設関連が多く、立ち寄ることを促せる最新のイベント情報も一緒に記述をされているのがポイントとなっています。

そもそも交通広告って何?新聞広告やWEB広告と比較しながら特徴を紹介!

日本国内では色んなサービス施設があり、映画やパチンコ・さらにはアミューズメント施設といった娯楽を提供するスポットも数えきれないほど存在をしています。
これらは多くの集客を見込むことで円滑な経営を推し進められます。
そのためにはテレビやラジオ・インターネットなどでたくさんの広告を掲載しなくてはいけないわけです。
広告と一言に言ってもいろんな媒体で構成をされており、交通広告というものも存在をしています。
簡単に交通広告の概要を解説すると、電車の駅の壁際で設けられてる看板のことを指しているものです。
どのような効果と特徴があるのかを見ると、新聞やweb広告と比較しても、高い視認性を持ち合わせていることがうかがえます。
まず駅は不特定多数が行き交うスポットであり、意識をしなくても周辺の状況が視界の中に入るわけです。
交通広告はおもに人の目線と同じ位置に看板を設けているのがポイントで、自然と内容を伝えられる効果を発揮しています。

交通広告の優れた情報発信力を知ろう!

交通広告と呼ばれるものがあり、多くの人はそれを1度でも目にしたことがあるかもしれません。
例えば、道路のところに立っている看板等はある意味交通広告の1つといえます。
一方で、駅等にはたくさんの看板がありますが、それもその1つと言えるかもしれません。
これらを現在でも多くの人が利用しているのは、それなりに理由があるからです。
インターネットが盛んになり、動画を見ると広告がたくさん出てくる機会はありますが、それにもかかわらずアナログのもので勝負しているには理由があります。
その理由の1つが、情報発信力が強いことです。
大きな看板であれば、非常に目立つため情報発信をするのに最適と言えるかもしれません。
駅を利用する人であれば1日100人と言う事はなく数万人から数十万人利用するケースがあります。
そのような場面で、大きな広告が出ていれば、それだけでかなりの情報発信力があるといっても言い過ぎではありません。
このように、魅力的だからこそ、アナログのものでも利用されていることがわかります。

交通広告だからこそ高い信頼性を発揮!その理由とは?

交通広告は一般的に言って高い信頼性があるとされています。
もちろん誰かがそれを保証してくれるわけではなくあくまで一般論というか多くの人の感覚であることは否定できませんが、これは要するに人々が電車とか鉄道という交通機関に対して抱くイメージと重なる点が多いです。
電車や鉄道のことを公共交通機関と呼んだりしますが、まさにここにその信頼感の一端が現れているとも言えます。
実際には別に国の機関ではなく民間企業であるわけですが、公共性があるということで、単に私利私欲のために動く企業ではなくて公共のことを考えているのが期待されていますし、基本的には会社側もその使命を自覚しています。
従って交通広告も、地域住民のためになるようなお店や企業、地域住民が知って使いたいと思うようなものが必然的に含まれていると理解されることが多く、何か怪しい、人を騙して金を巻き上げるようなものは含まれていないだろうという期待感があることがその理由です。

不特定多数に訴求できる交通広告はコストパフォーマンスも抜群!

自社の情報をPRするために交通広告を利用しようと考えている企業が多くあると思われます。
テレビ、インターネットに次いで3番目に接触回数が多いメディアだと言われています。
通勤通学や休日のレジャーなどで駅や電車を利用する方が多いはずです。
テレビやインターネットの広告は人の行動を遮ってしまうため不快感を持たれてしまうことがありますが、交通広告は日常に溶け込んで生活を邪魔することがないのが魅力として挙げられます。
中づりやドアの横などは不特定多数の人に訴求できるので、コストパフォーマンスが高いと評価できます。
利用者が多い山手線で1週間掲出した場合は、大きさによって100万円から数千万円ほどかかりますが、その分リターンも大きいです。
電車内の広告やビジョンを見て過ごすという人が40%から50%くらいいるので、広告を出すのであれば交通広告を検討してみてください。
路線の地域性や交通広告の特性などを考慮して判断する必要があります。

交通広告に関する情報サイト
交通広告について紹介

このサイトでは、都心部や郊外にある駅で目にできる交通広告の概要について見ていくことにします。どなたでも一度は目にされているでしょうが、マーケティング効果がどれほどあるのかご存じでしょうか。以前は新聞折り込みやTVCMが主流で多くの方に伝えられることは理解できたものです。ここでは電車やバスなど乗り物ごとで得られる効果についても解説をしていきます。当たり前に存在している媒体の実態に迫るので、参考にして頂ければ幸いです。

Search